スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計はどちらの腕に?

watch

時計を右腕にするか、左腕にするか、時々迷うことがあります。
昔からの習慣で普段は右腕にしますが、これは左で文字を書くので時計のベルトが机に擦れるのを防ぐため。
しかしながら、左手でボールペンを持つより、右手でマウスを使っている時間の方が長いので、時計は左腕にした方が邪魔にならなくてよいのではないかと思っています。(呆れるぐらいどうでもよい話なんですが...)

その昔、北米に住んでいたころ現地の友人から、「時計を右にするとゲイに思われるから左にしたほうがいい。もちろん君がそうであれば別だけど。」と言われて、一時期、左腕に時計をしてました。

また以前聞いた話では..イタリア人は利き腕に時計をして、みんなに見せびらかす。なので、一般的には右腕に時計をする。
別のイタリア人の話ですが...車が左ハンドルなので、左腕に時計をして窓から出していると盗まれる危険性がある。なので、社内で安全な右腕にしている。
どれも本当かどうかわからないけど、ずっと前に勤務していた広告代理店ではイタリア崇拝の人が多かったので、右利きの人でも時計は右腕派が多かった。

さて、時計の中には、SinnTutimaのように龍頭が左側についており、右腕にはめて左手で操作がしやすいものあります。
クロノグラフを使うときに、わざわざ腕から外す必要がないので便利ですね。

右利きっぽい自分を演じたいときは、時計を左に。素直になりたい時は時計を右に。
実はそんな使い分けをして腕時計をしています。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

makoto

Author:makoto
都内在住。中年会社員。
左利き、B型、小太りの三重苦を背負って生活中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。